原因 解決方法







原因としては、日本は、平均寿命が一番長い国ですから亡くなる方が少なく高齢者が増えていったからだと考えられます。 ① 高齢者の働く事のできる仕事を増やす。男女どちらでも働く事のできる職場を増やす。(例として力仕事を増やす)また介護施設の増設。
②少子化を解決すること。
子どもが増えることで子どもの割合が増えて、高齢化率が下がる。







 少子高齢化の基本情報でも示したように、原因は①未婚化、②晩婚化、③晩産化等の要因が考えられますが、60年代以降のベビーブーム(出産率の急増)が大元の原因」の一つではないかという説もあります。 ① 子どもの安全支援(支援金を送る)家族で育児に参加するための休暇を増やしたり、保育サービスを行う。
②結婚支援や子育て支援などの対策
海外の対策
 日本だけではなく、海外でも少子高齢化が起こっています。この問題に対してどんな対策を講じているのかを調べてみました。



・子どもを産んだり、子どもが成長するにつれお金が支給されます。
・子どもを産む時の費用の保険もついてきます。
・育児休業(育児のための仕事の休み)が長い



出産費用はすべて無料にしています。
・子どもの成長のための費用が補助されます。







・2人目の子どもを産むと補助金がもらえます。
・育児休暇がとりやすくなっています。